忍者ブログ
<<株式会社トミーウォーカー>>が運営するオンラインゲーム<<無限のファンタジア>>のキャラクターによるブログです。 不定期更新。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■心境
ディアブロとの戦いは…正直未だに迷いがある。
ただの殺し合いは好きになれない、利用されているなら尚更ね。
だが、DGの確保をしない段階での彼らとの接触は無謀と判断。
後に続けるためにも、この戦いは絶対に敗けられん。

■方針
味方の補助と盾としての行動を重視。
★の共通事項に従う。
ディオは…やらせない。

■戦闘
まず自分を含めた前衛中心に鎧聖降臨を使用。
後衛たちの盾になるように、体を張って敵を止める。
多少行動をずらしてでも周りの状況を見て、アビリティの選択を行う。
回復が必要ならガッツソング、状態異常の回復が追いついていないようなら静謐の祈りでサポート。
ただし静謐使用時は祈り続けることはせず単発使用が前提。
攻撃をする際は、味方と連携して一体集中攻撃を基本とする。
また集中攻撃時はディオに合図を送り、使用可能ならデモニックフレイムで攻撃してもらう。

■ベージュへの指示
最後方から安全を維持しつつ、指令塔として働いてもらう。
アビリティは、チキンF+Iステップ+Mアタックを希望。
チキンFでの状況察知を利用して、指示を出して欲しい。
また、重傷者の運搬もお願いしたい。

★攻城戦(遺跡内部へ突入する場合)
先遣隊はアンデッド軍の突入した後、T班とS班はそれぞれ別の入り口から突入。
敵の守備隊を分散させるように戦い、1階から順に掃討。
部屋や通路の陰、階段での待ち伏せに注意。
また、わざと敵の逃げ道を残しておき敵の撤退を促す。

600文字

◆重騎士の極意改 ×∞
鎧聖降臨 ×4
静謐の祈り改 ×4
大岩斬奥義 ×12
ガッツソング奥義 ×6
PR
「自分の選んだ道だ。最後まで貫き通すさ…それがどんな道でもな。」

■準備
共通事項に従い身に着ける装備に細工を施す。
顔は兜で隠す。

■合流までの移動
土の固さ、枝の折れ具合等から、人が通ったかを判断。
木の上にも敵がいないか目を配らせておく。

敵から逃げる場合は、重装備の者を召喚獣の後ろに乗せる。
逃げる際は仲間とはぐれないように注意する。
敵と交戦する場合は殲滅、敵の遺体は目立たない場所に隠す。
種族そのものに関する情報や、作戦の内容に繋がりそうな所持品があれば回収しておく。

※共通事項
ディアブロ以外の敵と思われる生物を発見した場合も、対ディアブロと同様の対応で極力戦闘を回避する。

■合流直前
ペヨーテ軍が既に交戦状態の場合は、仲間と共にディアブロ軍に奇襲をかける。
ペヨーテ軍への説明は他の者に任せ、私自身はドクターの護衛に徹する。
その際は、ドクター、自身、カナードに鎧聖降臨を使用しておく。
余裕があれば周囲の味方にも使用。
合流後、ペヨーテ軍と協力しディアブロ撃退に尽力する。

■戦闘(合流後)
奇襲によりペヨーテ軍を援護する方針。
自身は後衛たちの壁となって戦う。

まず鎧聖降臨をマイアーと分担して使用。
私は後衛の者たちを優先して掛けていく。
攻撃時は味方との集中攻撃による各個撃破を心掛ける。
連携時は声掛けやジェスチャで合図。

出来れば回復役と範囲攻撃の使用者から仕留める。
特に静謐の祈りの使い手がいれば、優先して狙う。
今はエゴで動くべき時ではない・・・か。
戦うしかない。

誇りもなにもかもかなぐり捨てて。
●心情
ようやく、ノスフェラトゥの王妃が姿を現すか。
果たしてどのような人物か…この目で確かめさせてもらう。

●方針
個人としてではなく、先遣隊隊員として恥ずかしくない行動を心掛ける。
疑心は胸に秘め、誇りを忘れず立ち振る舞う。
王妃には特に礼儀を忘れないようにする。

●準備
服装はBUの姿。
召還獣は待機させておき、武装は棺に詰めて謁見に参加しない者に預ける。

●サイフォン
信用もしないし信頼もしない、でも何となく親近感。
が、今は用意された舞台で踊るしかないな。
「サイフォンは苦労してそうだな」

●王妃との謁見中
失礼の無いよう、大人しく話を聞く。
臆しはせず毅然とした態度で挑む。
謁見中は王妃の目をそっと見つめてみる。
どんな目をしているのか興味があるから。
目が合ったら、目を瞑って静かに逸らす。

●謁見中に以下の質問内容があった場合に限り、私が回答する。
【ナビアでの行動について(ノスフェラトゥの軍律に従って行動できるか否か?)】

基本的にはノスフェラトゥの軍律に従う旨を伝える。
「ナビア先遣隊はノスフェラトゥ軍の軍律に基本的には従います。
しかし、私たちは先遣隊員の前に同盟の冒険者です。
そのため、同盟の流儀に大きく反する行いは出来ません。」
以下二つの条件を説明。
『一般人を殺すような真似はしない』『隊員から死亡者が出た場合、遺体は戦力として使用しない』
※(我々からは質問はせず、あくまで質問があった場合のみ答える)
私たちを試すか、ノスフェラトゥよ。
面白い、ならばこの鎧と身をもって乗り越えるのみ。

●方針
短期決戦に持ち込み敵を撃退、出来れば撃破。
前衛は後ろの味方まで敵を近づけさせないため、体を張って敵を食い止める。

●行動
■初期行動
前衛組として行動。
位置は最前列のマイアーたちのすぐ後ろ。

作戦開始と同時に前衛は前へ進み、敵を食い止める。
最低でもシャスタだけは敵の射程外に配置出来るようにしたい。
移動は、鎧聖降臨をバーミリオンに使用しつつ行う。

■戦闘
中衛後衛の壁になり、援護行動を中心に戦う。
前衛の者で陣を組み、負担を分散出来るようにお互いをフォローする。
もし前衛を突破された場合、急ぎ敵と後方の者たちの間に入るように動く。

まず加護を受けていない者に鎧聖降臨を使用する。
優先順位は「前衛」「エクストラ、ライカ、チグユーノ」「他の者」の順。
回復が必要な場合は、ガッツソングで援護する。
ただし、誰かがバッドステータスになっており、エクストラが静謐の祈りを使用できない場合、最優先で静謐の祈りを発動する。
これらを踏まえ、余裕があれば味方と連携して大岩斬で攻める。

また常に戦況の確認は怠らず、必要があれば声を出して連携と指示を行う。
戦いながら敵の攻撃の射程や癖、効き易いタイプの攻撃、部屋の構造を観察する。
一応別の敵の出現も想定しておく。

アクロバティックについては防御態勢で構える。
落ちてきたところを畳み掛けるようにしたい。
伝言板
プロフィール
HN:
セレナード
性別:
女性
職業:
重騎士
趣味:
冒険
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[05/07 セレナード]
[04/14 セレナード]
[04/14 エイフィス]
[04/13 ブリザック・HS(a60343)]
[04/12 セレナード]
ブログ内検索
画像の説明
ブログ内で使用されている一部の作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW1:無限のファンタジア』用のイラストとして、セレナードのプレイヤーが作成を依頼したものです。  イラストの使用権はセレナードのプレイヤーに、著作権は制作した方に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
カウンター
アクセス解析

Copyright (c)交錯点 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by north sound


忍者ブログ [PR]